読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aokijima

80歳になった「ねえちゃ」と、その里の記録です

連勝

大相撲名古屋場所13日目、稀勢の里は負けましたが、木曽郡上松町出身の長野県の星、御嶽海は、勢と対戦し、寄り切りで勝ち。今場所初の連勝で4勝目をあげました。

御嶽海が相撲を始めるきっかけとなったのは、小学校1年の時に出場した相撲大会で、自分より体の小さな相手に負けたことだったそうです。

これをきっかけに負けず嫌いの性格に火がついて、相撲一筋の人生が始まったということです。

力強い突き押しを武器に、東洋大学時代は個人タイトル15冠。学生横綱やアマチュア横綱にもなりました。

でも当初は、プロ入りする意向はなく、アマチュア相撲の強豪である和歌山県庁への就職が内定していたとか。それを出羽海親方が、口説き落としたのだそうです。

四股名は、故郷上松町から望める御嶽山に、出羽海部屋の「海」。

身長178cm、体重153kgと、力士としては小柄ですが順調に出世を続け、大銀杏がゆえないうちに東前頭筆頭までかけ上りました。

5月場所では、11勝を挙げて敢闘賞も受賞しています。

ねえちゃの部屋には、遠藤といっしょに写った一日警察署長のときの大きなポスターが張ってあります。

横綱大関と対戦する前頭筆頭で4勝をあげたというのは立派なもの。これからはいいことばかりではないでしょうけれど、あせらず、じっくり、力をつけていってもらいたいものです。