読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aokijima

80歳になった「ねえちゃ」と、その里の記録です

月曜日の「仕事」

ねえちゃの家のカレンダーには、どの週も、月曜日のところに「15時生協」と赤いマジックで記されています。

月曜日の午後3時には、家にいるようにして、生協から届けられる食品などを受け取り、次の週の注文票を渡す。それが、ねえちゃの大事な「仕事」なのです。

昨夏、生協の宅配サービスを自分で契約して、銀行の口座引き落としの手続きもしました。ですが、ねえちゃはそのシステムがよく分かっていないようです。

月曜日の夕方、「生協のひと来た?」と電話をすると、たいてい「えっ、そんなひと来ていない。きょうは誰とも会ってない」といった返事がかえってきます。でも、それは忘れているだけのようです。

マークシートのような注文用紙に必要なものを記しておいてやれば、それをいつもの担当の女性に渡して、代わりに、コメとか、ティッシュペーパーとか、酢だこ、イチゴ、アイスクリームとか、前の週に頼んだ商品をちゃんと受け取っています。

そして、コメは米櫃の隣に、アイスクリームは冷凍室、イチゴは野菜室などと、それなりに選別してちゃんと保存しています。これだけ自分でちゃんとやっても、それをすぐに忘れてしまう、いや、ぜんぜん覚えていないのです。

玄関に誰かが来たら、相手の話に応じて受けこたえするだけ。それが誰なのか、どういう用事で来たのかといったことは、少しも頭に残らない。毎週、ちゃんとやっている「仕事」があるのですが。